着衣入浴姉妹(「セーラー服のままで」の続き)

練習252彩色.jpg

「ほら、濡らしてあげる」
わたしはそう言って、湯船につかる妹に対して右足ですくったお湯を浴びせた。もちろん、妹は制服であるセーラー服を着たままだ。
「お姉ちゃんひどい~。びしょ濡れじゃない」
「そんな格好でお風呂に入るからよ」
「お姉ちゃんだってブレザー制服のままじゃない。しかもベレー帽まで被ってるし」
「濡らすんだったらとことんまで濡らしたほうが楽しいじゃない」
平然とわたしは言い切った。この制服は濡れても平気な素材で出来ていることは確かめてある。だから今までに何度も秘密の着衣入浴を楽しんできた。
しかしこれからは……。
「これからは二人で着衣入浴しない? 後始末も楽だし」
「そうだね。今度は私服姿とかでも濡れてみたいな~。お姉ちゃんもやってみようよ」
「もちろん、いいわよ」
妹が乗ってきたことに内心嬉しく思いながら、わたしは頷いた。
これからはこの遊びは二人で楽しむことになるのだろう。
いつまでも、ずっと……。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR